私について

2027年11月22日

#この記事は一番上に表示しています。
#随時更新します。

拙ブログへおいでくださいましてありがとうございます。

「物の多い家の片付け」というタイトルのとおり、ド田舎の築100年近い一軒家、2階建10部屋以上ある家に住んで片付けをしている様子を赤裸々に語るブログです。
カテゴリ「私について」
http://jungko.blog.jp/archives/cat_99385.html
にもチマチマ書いています。

続きを読む

2017年04月01日

先日、 ふと思い出したことがあるので書いておく。

なぜウチのブログのタイトルを「物が多い家の片付け」にしたか、ということ。

それは私がこのワードで毎日検索かけまくっていたことがあったから(笑)


築100年近い、田舎の広くて古い家にヨメにきて、
自分の来し方を振り返りつつ、
100年前から堆積したモノに埋もれるように、モノを跨いで、モノの隙間で寝起きするような生活をしていると、

よそのお宅はどないしたはるんやろ

と疑問がわくわけで。
再婚当時はホント検索しまくった。

物が多くてもきれいに暮らしている方はいる。
ターシャ・テューダーさんとか、ベニシア・スタンリー・スミスさん。
私の母も、大量の物を所持しつつ、片付けは完璧だ。

…ただ、それが万人にできることかというと、残念ながらそうじゃない。
私も片づけは得意ではないから、あっという間に積みあがる。

だから、

私みたいな、片付けの才能がないひととか、三世代同居とか、フツーのひとのが読みたいんじゃよー!

と思っていた。


なので自分で試行錯誤のブログを書くことにした。
過去の私に向けて。



仏様とか神様って、未来の自分もその一部なんだと私は思っている。
なぜなら、こんなふうに、ほしいものをつくりだしたりしているから。

私は誰よりも私のために、ブログをかいてます。
(すみません変なオチになった)







人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2016年03月22日

3世代7人家族(倅1帰省時は8人家族)。

私:
引っ越し10回超。
汚部屋脱出・海外引っ越し往復経験あり。
2人の息子を連れて離婚、諸々あって再婚。
現在4児の母。
仕事大好き・片付けお掃除嫌い。
楽にキレイが維持できる家に住みたい。

再婚・出産を機に3世代同居となる。


私自身の荷物:
数年前にときめきのお片づけを敢行、
服はカンペキに片付け終了。
以降、書類で挫折。物持ちは良いほう。



家族構成

夫:
ど田舎の限界集落にある古いおうちの長男。
前妻さんとは死別。
弟夫婦は都会で生活している。

倅1(春から下宿)
倅(小学生)
ムスコ(小学生。重度心身障害児)
ムスメ(乳児)

お舅さん(80代)
お姑さん(70代)



嫁ぎ先のおうち:

100年近く前の日本家屋。

家族は、物が多い+片付け下手のコンボ。
お舅さんは「捨てない」「セール品限定品ラブ」。
お姑さんは「いただくものはありがたく」。
夫は買い物好き。

古い家なので古いものも多く、
引っ越しがないから棚卸しもなく、
いろんなものが堆積する家。
古くとも値段のつくものは、
ビンボーな時代にほとんど売り払ってあるので、
残っているのは単に古いものばかり。

ひきだしにラベリングしても、
その「モノ」がみえなければ、
イコール、どこにあるかわからない、
となる様子で、
本も書類も本棚からあふれ、
古いものから新しいものまで山積み。
明らかに数年触っていないものも
「いるから」の一言で手付かず。
要不要の仕分けも苦手な様子。

ただし、
日々の食器の片付けやゴミ捨てはカンペキ。
この1点で汚屋敷化が防がれている。


2015年11月02日

ウチは物が多い。

写真を撮ってあらためて気づきました。
そして…

嫁ぎ先のおウチはもっと物が多い!

お舅さんは80代。
お姑さんは70代。
夫はアラフィフ。

そしてもうじきベビーが生まれます。

さて、この家、どうしたもんだか。
と悩んだので、
全世界に公開しつつ、暮らしを模索してみようと思います。

よろしくお願いいたします。