2016年10月30日

ここまで、引っ越し10回超に加え、婚家のお片付けをしてきて、今のところの結論。

最低限、衛生上・安全上問題がないなら、別に捨てたり減らしたり整理や片付けなんかしなくていいんじゃない?

ってこと。

物が多い家で別にいいやん。
ダブり買いしよーが。
探し物多かろうが。

物が多くとも、把握してるひとはいる。
私の母がそう。
収納はパズルの如くぴっちり。
物量すごいのに完全把握。
実家に帰るたび、なんでこの母から私みたいなんが…と愕然する。
農家出身だけあって、体力あるし、よう働かはるし。

京都は大原に住むベニシアさんかて、田舎暮らしで大量のものに囲まれてなお、オシャレやし。

ターシャ・テューダーさんかて、ああいう暮らしは物量に支えられていたと思う。

ただ。
あの物量を把握できるのは、才能だと思ったほうがええんやないかな。
たいていの人間には難しいんやないかな。
とこの頃強く思う。


あと、こんまりさんが、

一気に短期にカンペキに

って言わはるのメッチャ同意しつつも、言いたい。
変わりたいんやったらやっぱり、

コツコツやるのも必要かもしれん

やねん。ほんま。

自分だけのもの、衣類や本はこんまりメソッドでいけるにせよ。

ウチとこみたいに、8DKプラスガレージやら仕事部屋やら、なんていうモンスター級のどデカイ田舎屋敷では、あちこちチマチマ入りながらチマチマ捨てながら、全容把握が必要だったりする。
堆積している年月の長さが違う。
人生ひとりぶんなどではなく、それこそ親の代から、下手したら何代も。

全出しできる作業スペースもほしい。
ゴミ出しの日もある。
ゴミの置き場所もいる。

なにより、生活しなくちゃなんない。

入れるペースより出すペースさえ上げりゃ、絶対いつか、なんとかなる。


そんなかんじです。

…まだまだ、終わりがみえないです。







人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 睦月   2016年10月30日 10:52
じゅんこさん初めまして。いつもブログを拝見して励ましてもらっています。
私も遠方の夫の実家の片付けを始めて早2年以上が経ちます。こんまりさんも3日片付けの先生もエッセンスはとりいれられますが、セオリー通りでは歯が立ちません。不思議な家電製品とか布団とか堆積書類とかの記事を読んでは「ある〜〜!」と膝を打ってうなづいています。
一月に一度600キロの距離を移動して物を捨てまくっている嫁に怒りと憤りを抱いている舅との付き合いに悩んでいたのですが(でも手は止めない)先日の記事の、『未来のことを考えたら、今がいちばん若いんだよな。』の一文を読んで、その通りだと思い、自分の行動は正しいと感じることができました。
生活をしながらの住居の減量生活は本当に大変だと思います。そんな頑張っているじゅんこさんを思いながら、先ほど来月の帰省のチケットを取りました。
じゅんこさん、応援しています! (長文失礼しました)
2. Posted by るぅ   2016年10月30日 11:13
こんにちは♪

本当に良くやっているなぁと思いますよ。
偉いなぁとも思います。

昔々はお店屋さんも物も今ほど簡単には手に入れられなかったから取って置こうと思って(いずれ使うかは別として)しかも大きなお家だし、納屋もあるし、置く場所には困らないって感じだったんでしょうね。

今は逆にゴミなのに処分するのにお金が掛かる!
とにかく分別するにも時間が掛かるので、大変ですよ。
断捨離だとか、こんまりさんだとか色々と出てますが、参考にはするけれど全く同じには出来ないですよ。だって家族構成も家の大きさも生活時間帯だって皆違うんですもの。年代によっても無くても良い物と持っていたい物って違うんですから。

先日片付けてらしたご祝儀袋。私の場合どうしたかしらと思い出してみたら、離婚するって決まった時に全部捨てましたね。
別れるのにそんなしょうもない物があっても嵩張るだけだし、一人暮らしをするのに荷物が多すぎて、旦那と死に別れた子供が1人居る未亡人と引っ越しの見積りの方に勝手に思われていて引っ越し当日の作業員が荷物の量と1人だという事が信じられない!とまで言われました。
今から30年も前の話ですが。

自分一人だけなら必要な物って自ずと数が決まってますが、家族が居れば居るほど物の量って多くなりますからね。
放置しておいて虫やカビの原因になれば人体への影響も有りますから、やっぱり少しずつでも片付けをした方が自分の気持ちとしても良いでしょう。
最終的に片付けをする立場にある以上後よりも今の方が確実に体力も気力もありますしね。お互い頑張りましょう♪
3. Posted by じゅんこさんファン   2016年10月30日 19:03
何たってお舅さんの親御さんの代からの不要品ですもん。
膨大すぎて、断捨離なんて別次元の話ですし。
家の総重量わかったら面白いだろうなあ。
1トン減った、とかダイエットみたいに。
買う量より捨てる量が明らかに多いから大丈夫ですよ。

4. Posted by m@y   2016年10月30日 22:55
はじめまして!全記事一気に拝見させていただきました。関西弁好きな私(東京出身ですが;)には、こちらのブログの文体がすごく読みやすく、また過酷なお片付けに挑んでいらっしゃるのに、ポジティブな文章にハマってしまいました☆

以前ライブドアブログの汚部屋カテゴリで拝見した「su-diary」さん(今年春で更新はストップしてます)の(田舎の元自営でお店をやってたご実家の)お片付けに似てるなぁと思いました。物の量・お家の広さ+庭やガレージ…置ける場所があるって大変なことなんですね…。でも行動に移して物を手離す(捨てる・譲る・売る)>買う&もらうが減れば、全体量は確実に減っていくはずですし、掃除もだんだん時間短縮できますよ!

私は地震が何よりも怖いので、ブログ主さんの理想のお家=安全で安心な暮らしに大いに共感します♪これからも応援してます!!
5. Posted by アザラシ   2016年10月31日 13:11
いつもブログ読んで元気をもらっています。
すごく分かります。うちもモノだらけです。母が亡くなり、片付け始めてもうすぐ2年ですが終わりみえません。
足りないくらいがちょうどいい…ってつくづく思います。
いつか…いつか…本当にときめくものに囲まれたいですね!
6. Posted by じゅんこ   2016年10月31日 13:25
睦月さん、ありがとうございます。
600kmをひと月に1回…頭が下がります。安全性と居住性の問題に加え、やはりモノが堆積している環境は脳みそにもよくないと思うこの頃です。だからといって、決して納得などされないですし、私にとっての正義でしかないのですが。
睦月さんも、お身体に気をつけてくださいね。
7. Posted by じゅんこ   2016年10月31日 13:33
るぅさん、ありがとうございます。
何でもどこでも売ってる街と違い、私のいるところはコンビニも数キロ先という有様なので、やはりストックは多いです。舅の溜め込みはまったく他山の石です。私も子どもと4人暮らし時代、2.5トンロングトラックの女でしたので…

> 最終的に片付けをする立場

ヨメってまったくコレですね。
8. Posted by じゅんこ   2016年10月31日 13:43
恐縮なハンドルの方、ありがとうございます。

> 膨大すぎて、断捨離なんて別次元

そうか次元が違ったんか!と妙に納得しました。
持ち込み不燃だけでもどエライ量なので、紙や可燃も含めるとオソロシーことになりそうです…

> 家の総重量わかったら面白いだろうなあ。

まったくです。はかってみたい!!
9. Posted by じゅんこ   2016年10月31日 13:50
m@yさん、ありがとうございます。
お楽しみいただけ何よりです。

> 過酷なお片付け

あっ…やっぱ過酷だったんですね…そうですよね…田舎ならではの辛さだと思います。1DKでも広く暮らす☆とかもうぜんっぜん参考になりませんからね…
このところ怒りっぽくなっちゃってたので、楽しく明るくお片づけして暮らしていこうと思います。振り返る機会になりました。
10. Posted by じゅんこ   2016年10月31日 13:53
アザラシさん、ありがとうございます。

> 母が亡くなり、片付け始めてもうすぐ2年ですが終わりみえません。

マジですか!?私もはよ終わらしたいです…
「ああ、おわった!」っていう瞬間、ほしいですね。がんばりましょー。

コメントする

名前
 
  絵文字