2016年09月27日

#今日はボヤきメインです


しばらく片付け・掃除ができていません。
理由はたくさんあるんだけれど、最たるものが

「どこから手をつけたらいいかわからなくなった」

です。

着物をしまいたい→たんすあいてない→中身はおばあさまとおかあさんの着物でいっぱい→形見分けせんといかんね→ヨメ1人でやったらあかんよね…

夏着物どうしよう→お洗濯15年くらいしてないらしい→じゃあ10月に出すか→どこに置いておけば…

とまあいつものコンボが発生しています。

もちろん、理屈で、
「明らかなゴミを抜く」
「ひとつひとつ」
とは、わかってる。

ただ、それを繰り返しても、あまりに変わらない。
日常生活には、メンテナンスの必要なものがあり、常に手間が必要になる。
しかもだんなさんは繁忙期に突入し週休0日、私は乳児・障害児・高齢者、の世話のワンオペ。

みんな、こういうときを、どうやって抜けるのだろうか??



東いづみさん、という3人の小さなお子さんのいらっしゃるおかあさんの本を読みました。



ブログも拝見。
http://ameblo.jp/sukkirikurasu



ミニマリスト佐々木典士さんの本も読んだ。



モノの多い家が辛くて現実逃避な私(笑)
モノが少なかったら掃除も楽そうだ…と遠い目になってしまいました。

ものが多い家の暮らしを知りたいこのごろです。


さてどうしたものか…
とりあえずしばらくは、煮詰まってるのではないかなーと思います。






人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by けい   2016年09月27日 19:52
初めてコメントします
田舎に80年物の汚屋敷持ち(曽祖父の前妻さんの荷物部屋あり)としての意見です
参考にしてもらえたら幸いです

とりあえず形見分けの服はお客さんが来た時にすぐに見てもらえるように使ってない部屋に出しとく手もありますよ

それらをガレージにまとめといて主様のご家族の服をしまうのは如何ですか?
2. Posted by あなたを応援している人   2016年09月27日 22:12
そんな時は ちょっと一休みしなさいってってサインだから、ゆっくりしたらいいと思いますよ^^。 大丈夫着実に片付いてますから^^ 片付けから少し離れたら、また、片付けの神様が降臨してきます。無理しないでね~~応援してます^^。
3. Posted by 狭い家を散らかす嫁   2016年09月27日 22:43
お疲れ様です。お片付けが停滞して凹んでおられるご様子で心配です。
私がモノの多い家の嫁だったら…お姑さんの物はともかく、大姑さんの物はバンバン捨てちゃうかも。
お義母様だとまだまだお子さんやお友達も多くご健在で、形見分けも喜ばれるかもだけど
大姑さんはもうご存知の方も少ないかなー、品も古びて厳しいなー、とか思って。
そして親戚やご近所さんに「大姑さんの物を捨てまくる嫁」とヒソヒソされるかも。
でも遠い人らのヒソヒソよりも自分の生活が大事!
自分達の生活が、昔に亡くなられた人の物達で窮屈になるのは納得いかん!と鼻息荒くしてるかも。
とか言って、自分ら夫婦と子供の物だけで狭いマンションをとっ散らかしている私の妄想でしたσ(^_^;)
4. Posted by ちゃこ   2016年09月28日 00:25
5 いつもながら 感心いたします。
自分が増やした物ならともかく 嫁ぎ先の元からある荷物を片付けてるなんて 素晴らしいです!
お姑さんの姉妹とか ご主人に姉妹はいるんでしたか? そういう人の協力なくては大変ですよね(>_<) 協力的な方がいらっしゃいますように♪ 口は出すけど手は出さない人は厄介ですからね… いろんな本から知恵を借りて がんばりましょうねp(^^)q
5. Posted by みっちゃん   2016年09月28日 02:41
私は、手を出せない時は紙に書き出して、どの順序なら効率よくできるか作戦を練ってました。
時期が来てからバタバタして、処分忘れがあったので、今のうちに処分品リスト作っておいたりもしました。

まずはご自身の体調を第一に頑張ってくださいね。
6. Posted by siro   2016年09月28日 19:01
なんとコメントしていいのか、悩んでいました。
頑張ってるじゅんこさんにねぎらいの言葉をかけるのも失礼です。
いろいろな本やブログを読んでおられるので気ずいてらっしゃると思いますが、じゅんこさんの家の物の多さは飛びぬけています、誇っていい!
だから他の方の写真などを見ると自分の家と比べてしまい、よけいに落ち込むのではないでしょうか。
じゅんこさんちの大変さには遠く及びませんが、この方のブログはご存知ですか?
http://dansyarijittsen.com/blog-entry-572.html

私がじゅんこさんだったら、もうあきらめています。
ベビーちゃんがせめて小学生になるまで、やりません。
その間、子供たちが安全に暮らせる部屋だけを確保してきれいにします。開かずの部屋を決めてそこに不用品を全部押し込めます。
ベビーちゃんに少し手がかからなくなってから、ゆっくりかたずけに取り掛かります。
時の経過で状況が変わることもあります。


7. Posted by 鬼嫁   2016年09月28日 19:57
お疲れ様です。

分別するのも、片付けるのも、捨てるのも、
飽きるし疲れますよね(-。-;)

日々の最低限のルーティンはこなさないと支障を来すし…

幸い我が家は舅が健康で、ケチなくせに珍しく捨てまくってくれたから助かりましたけど。

亡くなった姑の洋服&和服&バッグで使えそうな物は一定期間一部屋に集め、義弟嫁や姑姉妹に声を掛けて様子を見ました。

姑の妹がクロコダイルのバッグ。
義弟夫婦が大島の着物(姑が義弟の為に誂えたもの)とシャネルのバッグ。(義弟だけが来て、こそこそと持ち帰る)

その後は私が要らない物は全て処分しました。

文句あるか!!(怒)

気分がのらなければやらなくても誰も文句は言うまい、
文句があるならお前がやれば⁉

で過ごしています。

頑張る必要は無いと思いますよ(^^)
8. Posted by きょうこ   2016年09月29日 03:11
はじめまして。楽しみに読んでます!
とにもかくにも、おつかれさまです(^^)
9. Posted by じゅんこ   2016年09月29日 10:58
けいさん、コメントありがとうございます。
初めてコメントします
「田舎に80年物の汚屋敷」あっそれウチです…(笑)
使ってない部屋に広げておきたいのですが、なんせすさまじい量で躊躇しております…ありがとうございます…
10. Posted by じゅんこ   2016年09月29日 11:00
あなたを応援している人さん、コメントありがとうございます。
ハンドル読んだ時点でもうありがとうございます。
育休切れが迫ってるので片付けないといけないことが山積…ですが数日忘れてみます。
11. Posted by じゅんこ   2016年09月29日 11:04
狭い家を散らかす嫁さん、ありがとうございます。
さすがに、おかあさんのおとうさん、またはおとうさんのおじいさんおばあさん世代のものは全捨て!…と思ったんですが、この時代、モノが良くてときめいてしまうのです(笑)あかんやん(笑)
可燃ごみでいけるものはガンガン捨ててますが…ほんと、減らなくて驚きます。ご近所さんからは「掃除片付け好きな新嫁はん」認定いただきまして、ご迷惑さえかからねば良さそうな雰囲気。空気難しいです。
12. Posted by じゅんこ   2016年09月29日 11:08
ちゃこさん、ありがとうございます。
「嫁ぎ先の元からある荷物を片付ける」って、新嫁がでしゃばって!と言われそうで、ドキドキなんですよ実は。あはは。
おとうさんおかあさんとも、ごきょうだいはご健在ですが、なんせご高齢で…お年が上の方への形見分けは失礼ともいうので、おひとりずつお話ししてるとこです。
13. Posted by じゅんこ   2016年09月29日 11:11
みっちゃん、ありがとうございます。
書き出し作戦いいですね!脳内にあると忘れますし。やってみます!
14. Posted by じゅんこ   2016年09月29日 11:15
siroさん、ありがとうございます。
ご紹介くださったブログ、拝見しました。「私1人で決められない」がネックなんだなと納得しました。いいなあ、がんばろう。と思えました。
開かずの間…開けてしまった有様がこんななのですよ…(笑)
15. Posted by じゅんこ   2016年09月29日 11:18
鬼嫁さん、ありがとうございます。
素晴らしい!一部屋に集める効用ですね!
やってみようかな…まずは、抜けそうな床を修理してもらわなくちゃ…あでも大工さん最近アル中で…他所に頼むとまた揉めそうで…という毎度おなじみのコンボ発生です。
「文句あるか!」っていうの、格好いいですね。そのくらい自信をもてるように、やってみます!!
16. Posted by じゅんこ   2016年09月29日 11:19
きょうこさん、ありがとうございます。
楽しみで、ニコッとしてもらえたら、何よりです!またどうぞ!
17. Posted by るぅ   2016年10月01日 22:24
5 初めまして。時々読ませて頂いております。
大きく広いお家では片付けも大変ですね。
私も後妻なので前妻の物の処分をした事があります。
自分にとって嫌な物は容赦なく捨てましたが、大型の物や家電品等は壊れてから買い直したりして処分するのに数年掛かりました。

着物を処分したいのであれば「たんす屋」を検索して見て下さい。
処分したい着物や帯の枚数によって段ボールが送られて来ますので、それを返送すればメールで買取り金額が提示されます。
そんなに高価な金額にはなりませんが、手間を省けられると思いますので検討してみて下さい。

参考になればと思いコメントしてみました。
お身体に気を付けて今後も続くお片付け頑張って下さいね。
陰ながら応援してます。

18. Posted by じゅんこ   2016年10月06日 13:18
るぅさん、ありがとうございます。お返事遅くなりました。
私も「嫌なものは容赦なく」といきたいのですが、おとうさんも夫も、何か思い入れがあるのかな…と思うと、様子をみながらジワジワとしかできない性分のようです。
着物の処分方法、ご助言ありがとうございました!そうですね、買取依頼も良さそうです。

コメントする

名前
 
  絵文字