2016年07月21日

できるところから、ごんおばちゃまの「抜き」よろしく、

すみやかに家から出す
できればリサイクルにのせる

くらいのノリで再開。



納戸でも難易度の低そうなものから捨てる。

シミだらけ・割れてる・劣化してる・カビ生えてる、などの理由でどう考えても今後使わないもの。
image

こういうね…時代の遺物みたいなポットがわんさと出てきます。
中はガラスなのに、ところどころカビ?みたいなのが浮いていて、さすがに使いたくない。


もし必要でも買い替えのきくもの。
image

というかあきらかにパッケージが昭和。
下手うったら昭和50年代。
これでお茶出すとか考えられないし。


あきらかに物量のありすぎるもの。
image

ビール飲まないのにビール用のグラスとかいらないですから。
コップだけ取り外しても、もうすでにグラスだけで100個はあるんだウチ…



とりあえず、今日出せたのは生活ゴミ2袋に加え、可燃ゴミ3袋。
不燃はまとめただけ。


夫やおとうさんに見つかると、とにかく「もったいない」の一点張りなので、いない間に粛々と。
個人のものには手をつけず、台所から生活まわりの管理は、私が動きやすいように、人に任せやすいように、最低限の数で管理しやすく…

納戸にモノがしまえるまで、やろうと思います。
ええ、満中陰に使おうと出したポット、二つほど台所の隅っこに置いたままです。
(しかも使わなかったちゅーねん)





人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字