2016年07月18日

朝から菜っ切り包丁で菜っ葉ではなく自分の手を切ったじゅんこ(仮)です。

ご無沙汰しております。

怒涛の勢いで満中陰までがようやく終わりました。

この、7日ごとにお参りする仏教のシステム、うまくできている。
毎週毎週、不在を確認、すごいお金と労力をかけて慌ただしく過ごしているうちに、不在に慣れていく。
7回繰り返して、やっぱりもう帰ってこないんだね、と諦め、折り合いをつけていく。
泣いたからといって、おかあさんが帰ってくるわけではないのだなあ、なんて、しみじみとしてしまった。

死ぬってホンマなーんも持って行かれへん。
自分のからだすら、置いていかなければならない。
身一つどころでなく。

遺された、おかあさんの大量の衣類と書類と雑貨を見てたら、

私はこういう遺し方はしないで逝きたい

と心底思ったし、シンプルに暮らしたい思いを強くした。

そんなこんなで、忌明け。
遺品とお供養品と書類と並行して、自分の片付けも再開しました。



で、ブッソーなタイトルですが…

いやねー

こんだけ毎日毎日整理してんのにいっこうに片付かんの、おかしいなと思ったのですよ。


はい。

捨ててませんでした(笑)


せめて、資源ごみに!とか思って、ためこんで、結局おうちから出してなかった。
1〜2か月に1回の資源ごみの日、それまでの間は置いとかなあかんわけやし。

そら片付かんはず。



残すものに「ありがとうよろしくね」、処分するものに「ありがとうさようなら」を言ったにもかかわらず、おうちに置いたまま、なんて、

別れ話の下手な男があかんのと同じやでこれ!!!


ということで朝から捨ててきた。
とりあえず5個!

image


ちょっとすっきりした!


で、再チェックした自分の持ち物は、
服もカバンも、半分になった。
ダウンのコートも新しく買った喪服も入れて、洋服はいわゆる衣装ケース2つ分。

普段着る服は棚に。
(写真、上が私で下が倅)

image



下着は洗面所。
コートと喪服とスカート数着はクローゼット。
シーズンオフのものは衣装ケース。
靴はツッカケ入れて5足。

ついでにムスメ・ムスコ・倅の服も完了。


一箇所に集めるのがいちばん大変だった。

迷うものもあったけど、今の私では迷う!保留!お別れまでは働いてもらう!とか決めて置いたら、
なんだか、今までよりずっとスッキリした気がする。


衣替えが必要なのと、場所が分散しているのは、片付けが完了したら、なんとかなるかも?という感触があるので、収納はあとまわしで。


しかしこの物量よ…
資源ごみにすらできないのは、ホンマこたえるで…
せめて2か月に1回の回収日に間に合うような捨て方ができるレベルまで、生活改善したいわー。






人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字