2018年11月28日

玄関のすぐ横、通り道になってる部屋。
ここに書類が集まってくる。
どうにも苦手エリア。

やり始めがこれ

A52B7922-4588-49B9-A1A3-33B45972631C



岩城さんの持ってきてくれた布を敷き、わけていく。

ベージュに金のキラキラ模様がかいてある布に、
「いるもの」

赤のド派手な薔薇柄の布に
「いらないもの」

一目でパッとわかる布に置いていくのがいい。

ただ、ものが多すぎて、
途中でぐちゃぐちゃになっちゃう。
その辺の修正とかしないままガンガン進んで、
結果的に何回もやり直すのが、
地味にしんどみある。

まあ、だいたい、で分けて、
ここに置くにしろ移動するにしろ処分するにしろ、
もう一度触らないことには片付かないし、
そんなふうに、二度、三度とさわることで、
「やっぱいるわ」
「やっぱいらんわ」
ってなるのも、大事なのかもしれない。



一応終了がこれ

EA2BD26A-A55A-4B33-B447-1160F4D34DF2


私ではわからなくて、
夫に聞かなくちゃ決められないものが多く、
一発ですぱーん!と片付かない。

家族みんなで、せーのでやればいい。
わかってるんですよー。

ただ、ウチの夫、土日ないんです。
休みほぼゼロで働いています。

だから、帰宅した夫にサッと聞きやすいように、
って思って進めるんだけど、

そこらへんは、岩城さんには、
どうやら理解してもらえてない。

というか、
何を私が言ってるか、
どんなふうにしたいのか、
多分伝わってなかったと思う。


そうそう。
ここめっちゃいろんなもの置きっぱだったんで、
「ここに置かなくて他のとこのほうがよさそう」
っていうのを一時的に動かしたりする、
が必要だったんですが。

ソワソワするレベルでしっくりこなくて、
動線も長くなるし、
なんか…すごいしんどみあった!

いくら置き場がたくさんあるといっても、
片付けの、そういうとこがしんどいんよね。

だからうっかり「現状維持でいいや」って、
なっちゃうんだよなあ。



スチールデスクの中身は、
数年かけてじわじわと減らしていたのを、
思い切ってすぱーん!と空っぽに。

岩城さん
「空いたからってモノ置いちゃだめですよ〜」
「1個置いたら集まってきますからねえ〜!」

…うっ。見抜かれている(笑

粗大ゴミが翌日だったので、
集積所までどうやって運ぼう?って、
夫と話してたのに、
朝バタバタしてすっかり忘れてしまい、
しょんぼりしていたら、
数日後、欲しい方がみつかり、
めちゃくちゃ喜んでいただいて、
取りに来てくださった上に、
お礼までいただきました。

あー。うれしい。



後日。

プラケースの引き出しも、
まるまるひとつ空いたので、
これは洗面所へ移動。

やや朽ちかけのプラカゴでできた棚を分解処分、
中身を入れ替えて置いたらぴったり。

EB10AD26-116B-4D3E-8AC1-0994366FF352


片付けの途中で収納用品がほしくなっても、
すぐに買いに行っちゃダメだなあ。
モノの多い家には、収納用品もたくさんあるから、
わりと、ありものでなんとかなっちゃうんだよな。

でね、でね!

2階を片付けたとき、
「男の身だしなみコーナー」に置いてた、
アイロン台とアイロンをここに移動させたら、
毎日じゃないけど夫のシャツにアイロンかけて、
サッパリしたのを着てってもらえるようになってん。

これは地味に嬉しい。

もう1か月、ちゃんとできてるねん。

きちんとした格好がとても似合うハンサムやから、
(ちょう夫贔屓の私からみてです)
土日もずーっとお仕事の夫に、
格好だけでも疲れた感じが出ないのは、
本当に嬉しい。

片付けしてよかったなあ、
私がんばったなあ、って本当に思う。




LINEで更新情報がきます


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

1. Posted by 四男の嫁   2018年11月28日 18:51
アイロンかけ!
偉~い!!
アイロン台もアイロンも設置できて、
スチール机ともお別れできて、
拍手喝采~!!
踊っちゃうね、状況が進んで!
2. Posted by おばば   2018年11月28日 22:54
物量の多い倉庫を手入れしている、おばばです。
勝手に物が多いつながりで、参考にさせていただいています。
今回、必要不要の他に判断を委ねると言う敷物は
あったのでしょうか?

全て一人で不要が判断できるなら、どんなに楽か

空いたスペースには、他の人が
物を置くのは、お約束ですよね〜
3. Posted by なし子   2018年11月29日 17:18
さっぱりしましたね。今が踏ん張りどころな気がします。
じゅんこさん、息抜きしてますか?
心にも余裕がないと、生活自体がどんよりしちゃいますから、気をつけて下さいね
4. Posted by のの   2018年12月03日 15:20
今日は。ブログ主様の家は百年の歴史ある家。私は今年長男の兄が亡くなり、跡継ぎになりましてわかったことは、歴史のある家と二、三代位しか続けて住んでいない家では片付け方が違うと思います。骨董品でも価値があろうが価値が無かろうが一つ一つに歴史があって自分の価値観で処分出来ません。そういうものがあらゆる所にあります。プロの方はそういうものが理解できなかったのではないでしょうか。我が家は今の所に500年住んでて商売してるんでなぞのモノだらけです。
5. Posted by じゅんこ   2018年12月03日 16:22
四男の嫁さん、ありがとうございます!
アイロンもかけてなかったんやな…と目が遠くなりつつ、続いております。踊ってます!
6. Posted by じゅんこ   2018年12月03日 16:25
おばばさん、ありがとうございます。
「判断を委ねる」は「いる」ものなので、そういう分け方はしてなかったです。
家族で住んでて、そもそも私はヨメですから、片付けはやはり難しいものです。
7. Posted by じゅんこ   2018年12月03日 16:25
なし子さん、ありがとうございます。
これも、残念ながら片付け終わらなかったので、じわじわと…荒れております…やばいです…
8. Posted by じゅんこ   2018年12月03日 17:17
ののさん、ありがとうございます。
ウチの古くて良いものは、ほとんど先代が処分しまったので歴史だけですね…10年そこそこで住み替えるような家より古くはありますが。
丁寧に、どこに何があるかわかるように、保存するなら、意味があるのかもしれませんが、そうでないならただのガラクタなのかもしれないな、いやでも置いておいたほうがいいのかな、と私は迷いながらです。
夫は決断がとても丁寧で、時間はかかるものの迷いがなく処分してゆくのがすごいです。

コメントする

名前
 
  絵文字