プロと片付けた件第2回。

前回↓
http://jungko.blog.jp/archives/26044052.html

片付けをなぜ台所からはじめたのか?

岩城さん https://m-arrange.jimdo.com いわく

毎日毎日使うところのストレスを減らすとすごく生活が楽だから

という理由でした。

これは実際そうかも。

使うものと置いておきたいもの
それも、
毎日使うものメイン
置いておきたいものは収納
にしてみて、

毎日使うものはそんなに多くなかった。

と気づいた。

毎日使ってるものだけだと、
そんなに台所は散らからないんだよね。

毎日じゃないものを取り出しにくいとことかに、
「2軍扱い」にして収納したり、
封あけた粉類は全部冷蔵庫に入れたり、
好きじゃない上に、使ってないものを駆逐したら、
そらー、物量減って楽になるわよね。

好きじゃないけど使ってるものは、
使い勝手がよかったり、
なにがしかのいいところがあるわけだから、
捨てないし。
←このあたり、ときめきで処分するとえらいことになるそうですよ奥さん!!


まあね…
納戸はある程度自分で片付け終わってたし、
アホみたいに広い家やから、
どこからはじめても、
「ちょっと置いとく」ができる。

狭い家なら、そもそもの物量が少ないし、
片付けを一切してない広い家なら、
もっとカオスやと思うから、
ガンガン捨てられるし、

結局のところ「どこからはじめるか」は、
もしかしたらあんまり関係ないのかも。

とりあえずやる、ってのが一番大事で。

(といいつつ覆す可能性は留保しておく)

1箇所、ちゃんとしたとこができたら、
ほな他のとこもやろか〜、ってなるの、
あると思います。



さて仏間。
個人情報満載につき、切り取り写真ですみません。

DEBB0E49-DF7E-49D1-A0E7-79F42AD409BB


おおむね、こんな感じです。
机は空っぽ、
床の間は掛け軸3本と、香炉・香炉台。

どっさり置いてあったものは、
ほぼ全て撤去しました。

掛け軸って、もう数年かけっぱなしなんやけど、
どういうタイミングでかけかえするんかな?
これは、岩城さんにもおたずねしましたが、
わからないとのことでした。

私も、この家に来させてもらって、
古い家になじみはあるものの、
室礼はわかってなかったと痛感する日々です。
やばい。
どうやって覚えたらいいんだ。
誰に教わればいいんだ。


片付けの進行は、
毎度おなじみの「全部出し」

床の間のものも、
仏壇の中の仏具以外のもの、
脇の棚のものも、全部出す。

仏壇まわりは私が何度かしてたのに、
今回手を出したのは、なぜかというと、
床の間のものを入れたい→入らない→じゃ見直し
となったからでした。

で、分けたはいいものの、
不用品は夫に見てもらわないとわからないので、
全ておいておく。

仕上がった感想。

そーだよな。
床の間、って、間、なんだよなー。

途中とか、数年前の写真みたら、
すごい物量で、
なんかほんまわけわからんかった。

結局、帰宅した夫とやり直して、
高価らしいツボと義父・義母の遺影を飾ったけど、
それでもだいぶ本来の「間」になったと思う。
ホコリだけ、ささーっと拭いたらおしまいとか、
掃除もマジで楽になった。



そして机の上のものの整理。
なんとなーく、家中から書類を集めてきていて、
整理しかけて挫折の繰り返しをしていたので、
ここは早めに片付けしたかった。

これも、床にだーっと下ろしながら、
いる。いらない。わからないからきく。
…と分けていく。

書類はカサの割に情報量が多いから、
ぜんぜん、進んだ感じがしなくてしんどかった!

それでも「もう払わないとあかんやつ」とか、
「締め切り間近のやつ」とか、
ちゃんとまとめられたのはよかった。

問題は…
岩城さんが帰ったあとの、後片付けが大変で、
そこのペース配分がぜんぜんできなかったこと…
夜中までかかる日ばかり…

それと、しんどかったのは、
本当は手伝ってほしかったとこを、
ガバッと置いて行かれた感じだったこと。

このへんのつらさ、うまく伝えられなくて、
とっても辛かったです。
(そしてこのつらさは結局最後まで毎回あった)

そういえば。

岩城さんに、最初、家全体をみてもらったのは、
助言がほしかったからなんだけど、
そういうのはなかったなあ。

言っても言っても、結局スルーされてたり、
できません・サービス外です・別料金です
が多くて。

やっぱり高かったです(笑)








人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村