IMG_8620

ガレージに山盛りになってた新品のゴミ袋をはじめ、
ボールペンも、鉛筆も、封筒も、切手も、
アルミホイルもビニール袋も、
家じゅうからストックがパラパラでてくる。

使えないものや、
いたんでいるものは差っ引いて、
きれいなものだけ残して、
1箇所集中管理できたらラクだなー、
なんて思いながら集めていたら、
けっこうな量になった。

鉛筆やボールペンなんか、
いたむ前に使いきれないと思う。
30パックもあった小さなゴミ袋は、
舅・ムスコ・娘のオムツ処理に
ガンガン使ってたにも関わらず、
2年でようやく半分。
書き損じ・未使用のハガキなんか、
何百枚あるんだろう。

食器もそう。
割っても、割っても、割っても割っても!
まだまだある!大丈夫!
食器店できる!!
IMG_8621

で、
このあたりのものは買わずにいられるから、
ボチボチ使っているのだけど、
ふと、不安を感じた。

ストックが尽きたら買わなくちゃいけないんだよね。

買おうと思った時にお金がなかったらどうしよう。



すぐに、

これ私らしい考え方じゃないや、
お金がないなら働けばいいし、
庭を畑にしちゃえば食べられるし、
困りました!っていろんな人頼ればいいよね。


考え直して笑ってしまったけど、
これって、
溜め込みする人の根本にある考え
じゃないかな?



ごみの分別が厳しくて、
出しそびれて溜め込んで、
たとえば、
紙類は可燃につっこんじゃえ、
缶もビンも出せないなら不燃にまとめちゃえ、
…なんていう適当なことができないままで、
いつのまにかゴミ屋敷になるパターンもあるけど、

どうやらウチの物の多さは、
「なくなったらどうしよう」
「足りなかったらどうしよう」
系の不安からきたものみたいです。