物が多い家の片付け

ど田舎にある物が多いめっちゃ古い婚家の片付けを悩みながら綴るブログにしようとしたら姑が急死し舅も亡くなり遺品整理もコミコミでコツコツ片付けているのを淡々と綴るブログです。ミニマリスト・シャレオツインテリアには興味ありません。目指せ普通の家。

2020年05月

プロの手を借りるにあたって気をつけるべきこと。

プロと片付けたシリーズのファイナルです。

ここんとこ「整理収納アドバイザー」増えましたね。
いかがでしょうか。
少なくとも私が片付けをはじめた2015年には、
検索結果にこんなに出てこんかった気がする。
そもそも、新宿でこんまりさんの講座に出た2012年当初には、アドバイザーなんて私の周りには存在しなかった。

ほんまね、
  • 一緒に片付けてくれる
  • ちょいちょい助言してくれる
という点においては、
プロと一緒にお片付けってとってもいいと思います。

問題は「お金」。

なんやしいうても高額です。

最低時給と比べてびっくりするような値段提示です。
「最低でも1時間2000円、価格崩壊を防ぐため割らんようにしましょう」ていうガイドラインなかったですか?
検索しても見つからないので私の思い違いだったかもしれません。
ま、そうでなくてもおおむね2500円は割らないわけです。

この価格みて、私思うんですよね。

命預かってる看護師より高いやん。
介護士やったらデフォルトの時点で倍以上やん。
そらーこんなんやったら主婦のみなさん資格取得してアドバイザーになりたがるわ人にアドバイスするってえらくなったような気いするしお金もバーンもらえるんやったらみんなやるに決まってるやん!

…すみません私怨入りました。

image



なので私からはひとつだけ。

「結果に満足できなかった場合の保証について確認しておく」

です。

私がお願いした方については、最初に諸々の契約書があったと思うのですが、
コピーをもらうことはなかったので、何を契約したのか今となっては正確にはわかりません(自爆

高額なのに何やってんだ、って感じですが、
復職まで時間がなくて、切羽詰まってたんですよね…

それにしても、この人と一刻も早く縁を切りたい、と思いながらやってたのは、いったいなんだったんだろう…

こんなことを今更書けるなんてね…
自分の心を落ち着かせるのに1年以上かかってるわけなんですよね…

「サービス外です」「別料金です」、
1か月お願いし放題プランにもかかわらず「その日はだめです」の嵐で結果的に10日も呼べなかった、
そのほか諸々納得のいかない対応もあった、
そんなとき、
ちゃんとお断りして、返金させる勇気と手段を持っておくということ、

とっても大事だと痛感しました。

いやー。高い勉強代でしたね…

…まあ、ちょっとは家片付いたんで、5%くらいは元とれてる…かな…

ちなみにおよその金額ですが、
アドバイザーさんに支払ったのと娘ふたりの保育料、総額で1か月40万円を超えたことだけ記しておきます。

お仕事エリアは全く手付かずです。

1か月で終わらなかった、自分であれだけすすめてもだめだったのか…とかなりへこみました。


自分の家に人を呼んで手伝ってもらう。
この時点ですでに顧客のほうが弱いです。

しっかり自衛の上でやりましょうぜ。

そんな話でした。

めっちゃおひさしぶりでーす

1年半更新していないブログにコメント通知がきたので、
ありがたく、更新いたします。


はい。

片付いていません!!
というか、終わっていません!!!(爆


ガレージの2階が完全に終わっただけですね…
(1階?終わっていませんが何か?

IMG_3214

わざと残したものばかりです。

プラスチックのコンテナ、梅干し用のざる、空っぽの長持。
どれも「年に1回使うかもしれない」ものです。
下せなくなったり、使わなくなったら、捨てようと思います。




さてまずは「片付けのプロに入ってもらった件」。
オチとしては

「まったく納得のいく出来ではなかった」です。

なので、私が依頼した方についてはおすすめいたしませーん!!
ダメ!ゼッタイ!!
(知りたい方はログをご覧ください)

ニトリでがっつり買い物にコメントいただいたとおり、

「外注すべきは片付けのプロではなく、片付けに集中する時間を作る為の子守か普段の家事サービス」

まさにこれでした。

いやもちろん、片付けに集中するための子守もお願いしてたんですよ〜??(血反吐

(こちらもすっごいお金かかりましたが大変よい出会いで個人的にもお付き合いする方となりました)


まあねえ~~~
どこぞ外国に学校作るとかいいながらがんがん海外旅行行ってお金の使いみちが行方不明になってる人に課金した私にも責任の一端はあるのでねえ~~~



とにかくも、片付けについては、
「取って入れて出す」
「全部出して分けて戻す」
でだいたい解決することがわかりました。

全部出して、
カテゴリにざっくり分ける。
そこからなんとなくいるぶん取って残りは処分。
いるぶんを戻す。

あきらかなゴミは捨てる。
もったいないなと思ったらどうにかして譲る。
譲れなかったやつは捨てる。
不燃とか粗大ゴミは持ち込む…前に行政の手続き。

…これを、納得いく収納になるまで繰り返す。

つまり物量との勝負(ファイッ


だいたい、出すと掃除したいですし、
掃除してきれいなとこに汚いものは戻したくないし、
カテゴリでまとめた物量みるともうええわってなりますので、

まあ、これで、いけます。

順番とかいろいろありますやん。
こんまりさんやと服からやし、
安東先生やと収納とか押し入れとかいう一番奥からやし。

けど物の多い家には、順番とか考えてる方がもったいないです。

とにかく手を動かす。

「出して拭いて戻す(エガちゃんの動きで)」

妊娠して出産して姑の葬式してバトルしながら舅と息子の介護して妊娠して出産して舅看取って葬式して、って中で、ひとりで片付けしてても、

5年やったら10DK超えててもなんとかなりましたから。
このブログのいっちばん最初の方見てくださいよ。
今やちゃんと畳の見える家ですよ。

きれいな家に住みたい人、がんばりましょうよ。

物の多い家に住む方のご意見がうかがいたい。
しみじみと思うこのごろです。



この春からめでたく子どもたちの保育園が決まり、
新型肺炎関連の諸々もこのド田舎ではさほどの影響もなく日常生活続行中ですので、

どうにかこの片付けを終わらせるべく、ブログを再開した次第です。


またそのうち更新します。
片付け終わったぜっていうまでやります!
よろしくお願いします!!



あ、LINEで更新通知飛んでくるボタンできてるみたいなんでご覧くださいませね。

こんな過疎ブログにお越しくださいまして、ありがとうございました〜!


ギャラリー
  • 身体あってこそ。
  • 母の蔵書整理。
  • 母の蔵書整理。
  • 安東英子さんの話。
  • 安東英子さんの話。
  • zoomで片付け相談した話。
  • 玄関の現状。
  • 玄関の現状。
  • 玄関の現状。
LINEで更新通知
LINE読者登録QRコード