2017年03月30日

2階の納戸(大)に新しいタンスがきた!

タンス購入時に担当さんが「不要な家具、何でも、いくつでも、引き取りますよ!」とおっしゃってくださっていたので、さて!と張り切っていたが。

現場担当者さんは「入れ替えしかできません(キリッ」

…うん。
思うところはあった。いろいろと。
でも、一刻も早く終わらせたい系の現場担当者さんだった(もうほんと疲れた)ので、
大きなたんすと、合板の整理たんすのみ搬出、にした。

長持はガレージ2階へ運んでもらった。
「捨てちゃダメ」と言われてる、寝具類をしまうため。
どうせ捨てるんだろうけれど、それでも、それなら、それまでは、きれいにしまっておいてあげたいから。

ほかの家具は保留。
いっぱい処分だと思ってたのに〜。脱力〜。


大きなたんすは、手放すの、本当に迷った。
こんなものを、私が手放していいのか、どうにかなおせないのか、って。

けれど、搬出してもらって、明るいところでみたら、とてもじゃないけれど…大切な着物を預けられる状態じゃなかった。

塗料のはがれ。
歪みを無理やり修正したあと。
虫喰い穴だらけ。
ひび割れ。
クギもたくさん。

いろんなひとに、なおせませんか、なおせるところ知りませんか、とたずねたけれど、見に来てくださった方がみんな、無理とおっしゃったはずだ。これでは。

だから、現場担当者さんに白い目で見られながらも、たんすをぎゅっとして「ありがとうね」とお別れした。


手放した大きなたんす↓
image


新しいたんす↓
image


なんせ「120万円を30万円で!」と言われた在庫処分品、というのでホクホクしながら買ったのだけど、搬入してる途中で気づいた…

裏側合板やし。写真の左のほう、合板欠けてるし。
image


タッカーで留めてあるし。
image


え〜、120万円てこんなもんなん〜??
倒産処分品を欠けで値引きとしても、そもそも合板とかタッカー??

現品で決めたけど、上置きと下の段の間のとこは見なかったし、裏側からも気づかなかったよ〜。
しくしく。


さて、家じゅうの着物でいちばんいいやつをここにおさめるとしてだ。

問題は。

image

2階が大惨事。
しくしく。








人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字